早いものでもう3月がやってきた!パフォーマンスのお知らせ。

パフォーマンス活動が忙しくてブログに書けずに過ごしてしまいました。今日、6日ですが、15:00からパフスペースで公演とトークセッションがありますので、もし、このブログに来た方で見に来てくれたらいいなあと思いつつ、書いています。ゲストにKimberly Hughesさんをお呼びしています。「sparkling rain」という日本のレズビアン小説やエッセイーなどを集めた本の出版に関わった方です。
詳細は:
Art Action 2010
パフォーマンス「ひとつの応答」を解放する行為
3月6日(土)
会場:PA/F SPACE(パフスペース)
時:パフォーマンス15:00~16:00 対話16:00~17:00
参加費:1,000円
パフォーマンス:イトー・ターリ
ゲスト:キンバリー・ヒューズ

「ひとつの応答」について、2008年8月からかなりの数のパフォーマンスをおこなってきました。
パフォーマンス自体をこの辺で再検討してみようと思うようになりました。
しかも、それを公開の場で3週末に連続してやってみたら面白いのではないかと。
時間を決めて、観客がいることを前提にとにかくやってみる。それって、パフォーマンス!

3月6日は第3週目となり、パフォーマンスも変化してきました。
日本軍「慰安婦」として渡嘉敷島におくられたペ・ポンギさんのことに取り組んでいます。
みなさまに立ち会っていただけましたら幸いです。
16:00 からは対話の時間で、Kimberly Hughesさんを迎え、ディスカッションします。

このパフォーマンスは引き続き多くの方々に見ていただきたいので、その実施の可能性を
探していきます。
お問い合わせ:E-mail:tari@gol.com Tel:090-6717-9366
URL:http://itotari.com
パフスペースへのアクセス:地下鉄東西線早稲田駅下車出口2or3bより徒歩2分 
馬場下町交差点を文学部正門方向左に曲がり、3軒目のフェニックスビル3階(docomoが1階)

キンバリーヒューズは米国出身で、東京に10年在住。
翻訳家・フリーライター、大学やNGOなどの英語講師。人権に関する市民活動(主に平和、ジェンダー
及びセクシュアリティー関係)も行なう。最近は「ポジティブアクションを通して、平和を」という発想で、
「Peace Not War Japan 」(www.pnwj.org)のイベント企画を立てたり、Ten Thousand Thingsという
ブログ(Kyoto Journalの英文雑誌関連)に書き込みをしている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paf☆cafe staff

Author:paf☆cafe staff
パフカフェはセクシュアルマイノリティ女性が安心して集える場です。奇数月第二土曜日に中目黒にて開催しています。自由に話せて、聞けて、繋がれる空間。ゆるやかな時間が流れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード